コレステロール

アラキドン酸に関する豆知識

アラキドン酸は人間の身体に、必要な栄養分なのですがこれは魚や卵や肉などから摂取できるもので、食べ物から必要量は摂取できるのです。
そしてアラキドン酸は、どの情報などにも牛肉からたくさん取れるなどとあるのですが、これは実は牛肉ばかりから取れるわけでもないのです。
世の中にも、牛肉をたくさん食べたほうがいいなどと言う本などもベストセラーになって売れたのですが、何も牛肉からしか取れないものでもないからです。

それと言うのも海外の人は、週に何回も牛肉をステーキで頻繁に食べていますが、ニューヨークの牛肉などはコストも日本ほどかからないので日常生活で取りやすいのです。
そして脂肪分が少なく、胃に負担をかけないので食べやすいのもあるのですがニューヨークの人達は、よくステーキを食べることで有名なのです。
もともと外国人は肉とミルクで育っていたのですから、これだけスタミナがあって、強靭な身体に、太くがっちりした筋肉を見ればわかると思います。

またアメリカの食品には必ずと言っていいほど、プロテインが含まれていますからその成分も加わって、がっちりした格好良い体型になるのでしょう。
しかし日本人はどちらかと言うとコストの掛かる牛肉よりも、豚肉が主ですから、豚や鶏肉にひき肉などが中心では無いでしょうか。
このことからも確実に牛肉の消費量としては、海外の方が上ですから日本人はマグロや豚肉などの消費の方が、多いのが生活から見ても分かると思います。

そしてアラキドン酸は、牛肉にしか入っていないのかと思われがちですがきちんと豚肉にも入っていますし、筋が多くて脂肪の多い牛肉よりも食べやすく人気があるのです。
もちろん牛肉に一番含まれていますから、牛肉を食べる回数が増えれば身体に取り入れるアラキドンの量も増えますので、出来るだけ健康のために食べるようにしましょう。
このようにアラキドン酸は肉に多く含まれていますので、豚肉も毎日、週に何回かは食べるようにして、新鮮なアラキドン酸を摂取するようにしたいものですね。

Copyright(C) 2013 人間の体内の機能向上をしてくれる成分 All Rights Reserved.